患者様の声BLOG

2017年3月 3日 金曜日

手のしびれ 頚椎椎間板ヘルニアと言われて・・・

手のしびれ】で整形外科を受診され【椎間板ヘルニア】と診断された方が来院されました

椎間板ヘルニアと言われたものの、治療や薬の処方は無し。辛かったらまた来てください!という対応です
【なんのメリットもない、痛み止めなどの薬の処方や牽引治療を無理に勧められるよりは良心的な先生だと思います】

当院でも、【検査】をさせて頂きました。検査と言ってもレントゲンやMRI、CTといった画像検査は出来ませんので、徒手を使った検査をするわけです
検査をすると、首を後方、さらには斜め後方に倒すと、しびれが出現することが分かりました

この事が示すことは
【頚椎椎間板ヘルニア】ではなく【脊柱管狭窄症】【椎間孔狭窄症】であるということです
簡単に説明すると、椎間板が神経に負担をかけてしびれる、のではなく加齢や筋緊張、姿勢性などの問題から起こるものであり、【神経の通る箇所が狭くなり神経に負担をかける】というものでした。

この診断の違いは、大きな違いです(私は、Drでは無いので診断は出来ませんので認識ということで・・・)

なぜなら、対処する方法、患者さんへの指導がまるっきり正反対だからです

しかも、経過観察する対応しかないとなれば、症状が年々悪化していく可能性もありますね
私の考えは、徒手検査と骨模型を用いてしっかりとお話しさせて頂き、これからやっていくべき対応もお話ししました
どちらの言い分を信用して過ごしていくかで、患者さんの未来が変わっていくか可能性は大です

画像だけで判断された場合、多くの皆さんがそう思い込むことでしょう
ですが、それが正しいこととは限りません。なぜなら健康な人、無症状の方を連れて来て画像診断すれば色々出てくるわけですから。
そうではなく、実際の症状と画像所見が一致するか??が大事です
触りもせず、画像所見だけで判断する整形外科の先生は、疑ってください・・・なんちゃって(笑)

この患者さんは一週間ごとの通院で治療をして経過を診ながらやっていきます('◇')ゞ
その点もお話し済です。お互いが納得して治療に当たる。これ大事です!

首の痛みやしびれ、肩こり、頭痛、手のしびれ、むち打ち症、寝違え等でお悩みの方はお電話ください
完全予約制ですのでその点はご了承ください

投稿者 あきやま整骨院 | 記事URL

2017年2月 8日 水曜日

首の痛み 首を反らすと痛い

首の痛みで悩まれていた患者さんです

・病院だと薬や見てもらってもあまり改善されなかったけど、ここにきて痛みが良くなりました。首が起こせなかったのが、起こせるようになりました。しびれもおさまり、ここに来てよかったと思いました。


当院より

レントゲン検査は、交通事故治療を始める際に必要ではありますが、治療にはほとんど役に立ちません。骨を動かすのは、筋肉です。筋肉はレントゲン検査では全く映りません。レントゲン検査だけで、話をするドクター、薬や湿布で対処する病院には本当に辛い症状の方や慢性のむち打ち症の方に取っては意味を持ちません。
仮に、ヘルニアと診断されても全く諦める必要はありません。

原因が分かれば、必ず快方へ向かう!!

今受けている治療、対処方法で改善がなかなか思うようにいかないのであれば、ご連絡ください!
当院は、予約制になっております。

むち打ち症 寝違え 首肩こり 手のしびれ 足のしびれ 腰痛 膝関節痛 はお任せください('◇')ゞ


投稿者 あきやま整骨院 | 記事URL

2017年1月31日 火曜日

腰の痛み 前屈時と寝起きが特に痛い慢性の腰痛

慢性の腰痛 整形外科や近所の整骨院へ通院するも改善せず来院されました

上の写真は、腰の筋肉が硬くなり板の様に真っ直ぐです
下の写真は、治療3回目です。腰周囲の筋肉が柔らかくなり可動域が改善しているのが分かるかと思います


症状としては
寝起き、前屈時に特に腰痛が強く発生しており、仕事やお子さんの抱っこにも影響が出ていたそうです

だいぶ改善してきたので、通院間隔を空けていきながら良い状態が定着するように数回メンテナンス通院をしています

 

通院や治療をしていても改善してこない
慢性の首肩こり、腰痛、ぎっくり腰、寝違えやむち打ち症、膝の痛みはご相談ください


投稿者 あきやま整骨院 | 記事URL

2017年1月21日 土曜日

肩が痛くて挙がらない 首肩こりの治療

 

転倒によって肩を強打してしまい、痛くて五十肩のように肩が挙がらなくなってしまった方が来院されました

治療は
・打撲によって炎症を起こしてしまった肩関節
・元々、慢性の肩こりの症状があったということで肩関節、肩甲骨の動きを調整しながら姿勢改善をして症状が出にくくする
・痛み、肩が挙がらない原因は肩だけではなく、前腕や親指の付け根の筋肉にあったのでその筋肉の調整


を行いました。左が来院時、右が5日後になります
一回でスッと挙がるようになる場合もありますが、この方の場合は打撲の痛みがあり数日かかりました

が、要は痛みのあるところ以外にも原因があるということです

慢性の首肩こりや、辛いむち打ち症でお悩みの方は、首や肩だけをレントゲン検査を行って異常があるとか無いとか・・・そこばっかりマッサージや電気をするとかしないとか・・・痛み止めの薬を飲んだり湿布を貼ったりしないとか・・・

そんなことをやっていて改善しない人はずっと改善しません
だってやっていることが見当違いなんですから・・・


お悩みの方は、お電話下さい

投稿者 あきやま整骨院 | 記事URL

2017年1月 6日 金曜日

首が痛くて振り向けない

年末に交通事故に遭われた患者さんが来院されました
主訴は運転中に左を向くと痛い、左が向きづらいという訴えでした
検査をすると、左肩が下がり、左側の骨盤が下がり、左肩が挙がらない、左側の足を上げる筋力が弱い・・・左側に問題個所が多くみられました

さて、この患者さん
交通事故後は、整形外科を受診しました。整形外科あるあるで、例のごとくレントゲン検査をして骨に異常が無い、湿布と痛み止めと胃薬が出るわけです。リハビリも必要なしと言われてしまったとのことでした。。。整形外科のドクターってほんと何を考えているのか意味わからないのですが、治療が必要ないのなら、痛み止めの薬と胃薬なんて出さないでほしいですね。何故なら、痛み止めは患者さんの胃壁を壊し、肝臓に負担をかけるだけで治す作用なんてないからです。患者さんを想っているなら、こんなもん絶対出さないし、飲ませませんよね・・・

当院では、上記の様な検査結果だったので姿勢をちょっと調整して、筋肉を少し緩めます
すると、肩が上がる様になり、首が振り向けるようになります。骨盤の高さを調整してあげると、足が挙がりやすくなります
ここまでは簡単にできます。首の痛みはすぐに改善出来ます。でもそこが問題ではありません。
聞けば、この患者様は実際に左足が挙がらずにつまづくことが多いと自覚されていました。。。さらに姿勢を見ると、骨盤が後ろに傾き、姿勢を支えるインナーマッスルが全然機能していないようでした。そこで、腹圧が弱いことを指摘すると、確かに座る姿勢が悪いし、尿の切れが悪いことも自覚していました。完全にインナーマッスルの衰えからくる姿勢性の問題が山積している典型例です。

でも、加齢によるこういった症状は多かれ少なかれ皆さんが抱えている問題です。

当院では単に痛みの改善でなく、将来を見据えたアドバイスも出来ますのでご自分の体が心配なかたはご相談ください

体が歪みまくってからでは、遅いですよ・・・・



投稿者 あきやま整骨院 | 記事URL