Staffブログ

2017年1月31日 火曜日

腰の痛み 前屈時と寝起きが特に痛い慢性の腰痛

慢性の腰痛 整形外科や近所の整骨院へ通院するも改善せず来院されました

上の写真は、腰の筋肉が硬くなり板の様に真っ直ぐです
下の写真は、治療3回目です。腰周囲の筋肉が柔らかくなり可動域が改善しているのが分かるかと思います


症状としては
寝起き、前屈時に特に腰痛が強く発生しており、仕事やお子さんの抱っこにも影響が出ていたそうです

だいぶ改善してきたので、通院間隔を空けていきながら良い状態が定着するように数回メンテナンス通院をしています

 

通院や治療をしていても改善してこない
慢性の首肩こり、腰痛、ぎっくり腰、寝違えやむち打ち症、膝の痛みはご相談ください


投稿者 あきやま整骨院 | 記事URL

2017年1月25日 水曜日

首の痛み むち打ち症が回復

昨年末に交通事故に遭ってしまい、今年の年明けからむち打ち症による首肩の痛みの患者さんお二人ですが
首の動き、肩の張りがほぼほぼ無くなり、通院間隔を空けながら治療をしていく方針に切り替えました。
というのもここのところの寒さもあり2月も控えている為、ここで一気に治療を止めてしまうのは不安が残るところです。寒さによって筋緊張が起こり、再発しないとも限りません。

客観的に状態を評価して、患者さんに最適な通院を促すのも我々の役目です。患者さんの自己判断で失敗が起きることもありますので、体の状態を分かってもらえる先生に状況判断をしてもらうのは大事なことだと思います。

むち打ち症や首肩こり、五十肩のように肩が挙がらない、寝違え、手のしびれなど首肩に関してお悩みの方は、ご連絡ください!

投稿者 あきやま整骨院 | 記事URL

2017年1月22日 日曜日

TV取材 

ちょっと前になりますけど、TV取材を受けました。もう終わってしまったようですけど【ちばドキッ】というケーブルテレビの番組です。当院がある船橋三咲の中通り商店会が取り上げられ、当院は生取材となりました。

写真のように、タレントさんで、元お笑いコンビジョーダンズの山崎さんがいらしてくれました。
山崎さんの、体を診させてもらい、歪みをチェックして施術をするというものです。肩の高さや腰の骨盤のズレをしてきして、整体をさせて頂きました。
とても楽しい雰囲気の中で、撮影をさせて頂きました。良いですね~、生の現場というのは。また機会があったらやりたいくらいです('◇')ゞ

首肩こり、腰痛、膝の関節痛の原因は痛いところ、患部にはありません
慢性となった、むち打ち症も首だけの問題となっていないことが多々あります。何故なら、人間の体は、かばうことで他の場所に負担が掛かり、負担が掛かった場所にコリが出来てそのコリがまた症状を複雑化させることにつながるからです。

ですから、患部だけに着目する治療では、なかなか改善が難しいのです
今、慢性の症状、通院治療をしているけど改善が思わしくないという方はご相談ください


投稿者 あきやま整骨院 | 記事URL

2017年1月21日 土曜日

肩が痛くて挙がらない 首肩こりの治療

 

転倒によって肩を強打してしまい、痛くて五十肩のように肩が挙がらなくなってしまった方が来院されました

治療は
・打撲によって炎症を起こしてしまった肩関節
・元々、慢性の肩こりの症状があったということで肩関節、肩甲骨の動きを調整しながら姿勢改善をして症状が出にくくする
・痛み、肩が挙がらない原因は肩だけではなく、前腕や親指の付け根の筋肉にあったのでその筋肉の調整


を行いました。左が来院時、右が5日後になります
一回でスッと挙がるようになる場合もありますが、この方の場合は打撲の痛みがあり数日かかりました

が、要は痛みのあるところ以外にも原因があるということです

慢性の首肩こりや、辛いむち打ち症でお悩みの方は、首や肩だけをレントゲン検査を行って異常があるとか無いとか・・・そこばっかりマッサージや電気をするとかしないとか・・・痛み止めの薬を飲んだり湿布を貼ったりしないとか・・・

そんなことをやっていて改善しない人はずっと改善しません
だってやっていることが見当違いなんですから・・・


お悩みの方は、お電話下さい

投稿者 あきやま整骨院 | 記事URL

2017年1月17日 火曜日

高齢者の交通事故

最近、【高齢者の交通事故】が盛んにニュースになってしまいますね・・・

・ブレーキとアクセルの踏み間違え
これは、もう車を改善するしかないですね。新しい車には、新しい機能として搭載されるようですけど

日曜日に車を運転しました。そこで目立つのが①高齢者の自転車②車道の横断でした

①高齢者の自転車
筋力が弱まり、ひと漕ぎ目が力強くないのでフラフラと走り出します。そうするとスピードが出ないために、フラフラしてしまうので道路の端からスタートしても中央に寄ってきてしまいます。また、耳も遠いのでしょう。車の存在には全く気付いていないのです。私は驚かせて転倒させても危ないと思ったので車間を空けて、ゆっくり走りました。
高齢者にとっては自転車は大事な足ですが、あの乗り方では、車にぶつからなくても自己転倒も十分有り得る感じでしたので、電動自転車に乗る、自転車以外の手段を考えるなどの対策が必要な感じでした


②車道の横断
車道の横断は高齢者だけでなく若い方もやりますが。。。高齢者の方は左右の確認を怠る、もしくはしても、スピード感が予測できずに車にぶつかりそうになってしまう。また来ている洋服も地味で目立たなかったりで、悪いことが重なりますね・・・


高齢者が悪い!と決めつけるよりも
高齢者とは、そうなってしまうもの・・・とこちらも寛容な気持ちで危険を予測しながら運転していかないと、高齢者の関係する事故は減らないでしょうね・・・

みなさんも、交通事故で悲しい思いをしないようにお互いに気を付けましょう


先日は、船橋の成人の日駅伝でした。船橋東交通安全協会でもお手伝いされたようです(私は所用で参加できず)
地域を守る活動、次回は春の交通安全運動で活動予定です!!



投稿者 あきやま整骨院 | 記事URL

カレンダー

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28