Staffブログ

2012年6月30日 土曜日

髄液が漏れると・・・

脳脊髄液が漏れるとどうなるか?

交通事故や転倒などで原因で
髄液が漏れると頭蓋骨内の
髄液が減少するので
脳が下がってしまいます

すると脳と頭蓋骨をつないでいる
神経や血管が引っ張られて
脳の機能が低下するので
頭痛
めまい
吐き気
首の痛み 
などの神経症状が
起こるというわけです

通常は
髄液が漏れても
自然に癒着し漏れがなくなります

しかし漏れている量が多い時
長時間漏れが続いた場合
脳脊髄液減少症になると
考えられているようです

参考文献 
日本医療企画 
『子供の脳脊髄液減少症』

投稿者 あきやま整骨院 | 記事URL

2012年6月29日 金曜日

脳脊髄液ってなんでしょう?

脳と脊髄は大切な器官なので
骨、三層の膜、そして脳脊髄液で
保護されています

三層の膜とは
外側から
硬膜
クモ膜
軟膜
となっています

脳脊髄液は
無色透明の液体で
薄いクモ膜と軟膜の間を満たしています

髄液は血液からつくられ
また血液に戻っていきます

髄液は外部の衝撃から
脳やせき髄を守るクッションの役目をしています

そう
お豆腐に入っている
中のお水の様に

髄液は一日500MLつくられ
循環しています
髄液の量は
成人で150ML
一日に何回か入れ替わる

髄液は
脳や脊髄を守るクッションの役目の他
機能を正常に保つ働きもあるといわれています

参考文献 
日本医療企画 「あなたのむち打ち症は治ります」


なるほど・・・

では脳脊髄液が漏れたら
どうなるのでしょうか?


・・・つづく

投稿者 あきやま整骨院 | 記事URL

2012年6月28日 木曜日

脳脊髄液減少症 詳しい症状

今日は
脳脊髄液減少症の詳しい症状について

頭痛
 ・起立性頭痛
 立っている、座っている姿勢により髄液が下がり
 硬膜の痛覚を刺激するのが原因
 ・締め付けられるような頭痛
 三叉神経の刺激 後頭神経の刺激が原因
 ・拍動性の頭痛

目の奥の痛み 視力低下
 ・目に関係する視神経
 ・動眼神経障害

動悸 息苦しさ 腹痛
 ・迷走神経の障害が原因

腰痛
 ・髄液漏れの部分の神経根が刺激される為

回転性のめまい 動揺感 ふらつき
 ・聴神経への刺激が原因

喉の奥の違和感 声が枯れる 呑み込み辛い
 ・舌咽神経 迷走神経 舌下神経障害

頚部 背部の痛み
 ・頚神経の牽引 静脈環流障害

記憶障害 睡眠障害 集中力低下
 ・高次機能障害

などが主な症状になります

その他に

うつ
においや味覚の異常
生理不順
しびれ感 冷感
化学物質過敏症

などです

ありとあらゆる症状を呈するこの病気

脳 脳神経 脊髄 脊髄神経 内分泌中枢 免疫機能
などに影響を及ぼす為だと言われています

また
天候が低気圧になると
髄液腔が拡がる為
相対的に髄液が減少し
症状が悪化する傾向があります

飛行機に乗って体調が悪くなる場合も
同じ理由からです

・・・つづくconfident

投稿者 あきやま整骨院 | 記事URL

2012年6月27日 水曜日

脳脊髄液減少症 予防法

今回も脳脊髄液減少症についてです

主な原因

転倒事故
・尻もち
・転んで頭を打った

スポーツ外傷
・ボールが頭に当たった
・接触プレー

交通事故
・追突事故
・接触事故

その他
・楽器演奏

以上の様な発症の原因と思われる
事故が起きた場合は
①水分を多めに摂る事
②横になり安静にする
事が有効だと言われています

出来れば二週間程度
安静にしている

一日2リットル以上の水を飲み安静にする
食事やトイレ、入浴など必要な事以外は
横になる事で髄液の漏れを最小限にとどめ
漏れている部分が自然にふさがる事が
期待できるというのです

ただ症状が軽くなっても
激しい運動や重い物を持つ事は
控えないと再発の恐れがあります



・・・安静にするといっても
実際、学校や仕事等
社会生活を過ごす中では
二週間の安静は結構な負担です

医療機関
周囲の理解、協力がないと
かなり難しいですね・・・

尚、起立性頭痛などが消えなかった場合は
脳MRI検査などを受けられる事を
お勧め致します


・・・つづくconfident

投稿者 あきやま整骨院 | 記事URL

2012年6月26日 火曜日

脳脊髄液減少症について

前回書き込みました
脳脊髄液減少症について
間違いやすい
誤診されやすい
病名と症状をご紹介します

自律神経失調症
 ・動悸
 ・肩コリ
 ・息切れ

起立性調節障害
 ・動悸
 ・息切れ
 ・腹痛
 ・睡眠障害

心身症
 ・腹痛
 ・登校、出社拒否

脳脊髄液減少症
 ・起立性頭痛
 ・背部の痛み
 ・集中力低下
  
これら病名に共通する症状
 ・頭痛
 ・めまい
 ・立ちくらみ
 ・吐き気
 ・疲労感

どうでしょうか?
認識がなければ鑑別かなり難しいですね

実際
上記の病名に加え
気のせいだ
心因的なもの
片頭痛
などと診断されるケースが多いようです

医療機関でも誤診されるんですから
日常生活を送る上では
病気に対するしっかりした理解が
学校や職場でないと
本人はかなり辛いでしょう・・・think

登校が出来ない
出社が出来ない
すぐ横になる
一日中ごろごろしている

周囲にそういう方がいた場合
僕自身
知識、認識がなければ
気合いが足りない
と思ってしまいそうですcoldsweats02




つづく・・・confident

投稿者 あきやま整骨院 | 記事URL