交通事故治療

2017年7月21日 金曜日

首の痛み 動かすと激痛!

首を動かすと激痛!?

首を動かすことも
起き上がるのも
振動がくるだけでも
とにかく痛い!!

こんな首の痛みは
経験したことがある人しか理解できません(笑)

実は院長自身も経験があります
それも何度か・・・

布団から起き上がるのも
髪の毛をわしづかみにして
起き上がって仕事場にきましたからね・・・
ほんと辛いってもんじゃない

仕事中は
やっぱり前かがみになる機会が多いのですが
そのたびに激痛
我慢してやっていると
首肩周囲の筋肉がガチっと固くなってきて
首肩コリが尋常じゃない・・・
そうなってくると
気持ちが悪くなってきて・・・
頭も痛い・・・

あー思い出すのも辛い(笑)

で、
なんでこうなってしまうのか??

頸椎捻挫
頸椎椎間関節症
頸椎椎間板ヘルニア
脊柱管狭窄症
後縦靭帯骨化症
すべり症
・・・などなど色々あるんですけど

激痛が起きるのは
椎間関節症
(椎間関節炎)
だと思われます

簡単にご説明すると
首の骨の関節に
関節包と呼ばれる軟部組織があるのですが
その関節包が引っ張られたり挟み込みが起きると
痛みを感じます
痛みはピンポイントで感じることが多いです
全体的に痛いとかではなくここが痛い!って指でさせるくらいです

こうなってしまうと
急激な痛みが襲ってきます
そうジェットコースターのが
坂を上るように
グーっと行くところまで行ってしまいます
これが炎症期のピークを迎えるときです

ただこのピークは1日~3日くらいで
穏やかに軽減してきます

じゃあ安静にしていればいいのか?
ってことになりますが
当院では痛みを軽減させられる
ハイボルテージや立体動態波といった
治療効果、鎮痛効果の高い電気治療器があります
なので
痛みに対して安静にしているだけではなく
きちんと対処出来ます

それに痛みに伴って固くなってしまった
首肩周囲の筋肉の緊張を和らげることで
首をある程度は動かせるようにはなります

お仕事を担った社会人は
仕事休むわけにはいかないですからね・・・

船橋三咲 あきやま整骨院
交通事故治療 むち打ち症
首の痛み 肩の痛み
首こり 肩コリ
手のしびれ
腰痛 膝関節痛
ご相談ください

 

投稿者 あきやま整骨院 | 記事URL

2017年7月17日 月曜日

肩がこる 首がこる のはなぜ?

 

首がこる 肩がこる
そんな症状でお悩みの方は多くいらっしゃいます

なぜ、こってしまうのか?
大きくは2つ

①痛み刺激によって、筋肉が緊張してしまう
②姿勢性、習慣性の負担によって筋肉が緊張してしまう

ざっくりご説明をすると・・・
①の場合
むち打ち症や寝違えなど、交通事故やスポーツなどによる突発的な負担によって筋肉や靭帯、関節に負担をかけてしまうと炎症が起きます。
炎症が起きると、脳が痛みを察知して患部周囲の筋肉に『動かすな!』と命令をします。安静にしてほしいからですね。そうすると、筋肉は固くなって安静に保とうとする・・・ということが起きます

②の場合
きっぱりと言っちゃうと、自分が悪いんですね(笑)
って言っちゃうと話が終わってしまうので・・・
簡単にいうと
・仕事中、家事労働中、パソコン、スマホなどやっている姿勢が悪い
・筋力にアンバランスがある
・姿勢を支える筋力が機能していない
・座っている姿勢が悪い・・・

といったことが挙げられ
原因を特定するには
問診検査カウンセリングをしっかりやること!
これに尽きます

レントゲン検査では決して分かりません
そして
初診の時に原因を突き止めるのはもちろんですが
経過の観察もしてさらに
首肩コリを誘発させている原因をアドバイスしていきます

大体、慢性化してしまっている場合共通しているのは
『脱力が下手なこと』
そう自分自身で勝手に力を入れて生活をするから
勝手に首肩コリを起こさせているのだ
乱暴な言い方をすると
『自分で首肩コリを起こさせて、治療したあとは楽になるけど、全然治らない・・・』って言っているようなもの。
あー。ちょっと乱暴でしたか??

当院は、初診時にハッキリ言っちゃいます
『自分が悪くした、自分が悪い』って(笑)

でも本当にそう
でも安心してください

そんな脱力が下手で
いつもパンパンに張っている人でも
緩んできます

問診検査カウンセリング
そして
治療
そして
経過観察
そして
再検査

この流れでちゃんと改善してきているのか
チェックしながらやっていけば
いい方向に向かいます

首肩コリは1回に治療で楽にはなっても
1回の治療で再発しなくなる・・・ってのは無理です

きちんと快方に向かわせたいのであれば
回数と期間
これは必要になります

これは絶対です


船橋三咲あきやま整骨院 

投稿者 あきやま整骨院 | 記事URL

2017年7月16日 日曜日

交通事故治療むち打ち症 船橋三咲あきやま整骨院 


当院には
様々な症状の患者さんの方がいらっしゃいます

中でも多いのは
やはり
首肩に関する 首肩の痛み 首肩コリ 椎間板ヘルニア 脊柱管狭窄症 手のしびれ
腰に関する 腰痛 坐骨神経痛 椎間板ヘルニア 脊柱管狭窄症
膝に関する 変形性膝関節症 
交通事故に関する むち打ち症 首を動かすと痛い 肩を動かすと痛い 首肩コリ 手のしびれ
などです

慢性の症状であればあるほど
期間 と 回数 は必要です
これは絶対です

当院は
問診検査カウンセリングを時間をかけて徹底的にやります
そこでお話します

むち打ち症 交通事故治療の場合は
期間は決まっています
症状があるからといって
永遠に何年も通院する!ってのは不可能です

ですから
どうなりたいか?

たとえば日常生活に不安がなくなるまで・・・
首が今まで通り動くまで・・・
首肩の張りが今まで通りになるまで・・・

線引きがあいまいになりがちです

そう
日常生活でも
肩や首は張るし
腰も張ったり痛くなったりするから

そこれへんの線引きも自分で考えないで
第三者に診てもらうのも良いかもしれません

我々治療家は
本当に辛い
あんまり辛くないだろうな
早く良くなるだろうな
事故の影響が大きいな
事故影響もあるけど日常生活の負担が大きいな・・・って
分かりますから

治療は二人三脚
相談しながら
体を確認させて頂きながら治療はやっていきましょう

船橋三咲あきやま整骨院

投稿者 あきやま整骨院 | 記事URL

2017年7月 7日 金曜日

首を後ろに反らせない むち打ち症

事故に遭われてむち打ち症になり
数か月経っても首を後ろに反らせない患者さんがいらっしゃいました

むち打ち症のほとんどが
首の骨には異常がありませんし
あったとしてもその異常というのは
事故によるものではなく
加齢によるものであったりするので
判別が難しいのが現状です

それで首の骨ばかりに着目をしていると
原因が分からなくなってしまいます

ではどこを見ていくか??ですけど

鎖骨の下にある筋肉だったりします

鎖骨の下にへばりついている赤い筋肉がそうです
他にも頸椎の関節が動きづらくなっていたりしたので
それらを調整すると
首を後ろに反らす際の痛みや動かしづらさがだいぶ楽になってきます

お心当たりのある方は
首を反らしてみる際に
この筋肉を押さえてみてください

この筋肉に原因がある場合で
上手に指で押さえられた場合は
痛みが軽減したり
首の反らす角度が広がったりします

お試しください

上手く出来ないから
ちゃんと診て欲しいという方は
ご連絡ください

船橋市三咲 あきやま整骨院


投稿者 あきやま整骨院 | 記事URL