Staffブログ

2015年3月16日 月曜日

交通事故治療中に交通事故に遭われた場合は?

交通事故に遭われて治療をしている最中に再度交通事故に遭ってしまう・・・
そんなの・・・と思われる意外と結構あるんです。

異時共同不法行為と呼ばれます

例えば、一回目の事故で首のむち打ちを治療していた場合で二回目の事故で首以外の痛みがない場合
首のむち打ちの治療を継続します
保険会社は一回目の保険会社ではなく、二回目の保険会社に引き継ぎます
一回目を示談する形になります

他の例で
一回目は首の治療をしていて、二回目の事故では腰を痛めたとなると
一回目の首は継続で二回目の腰を新たに病院で検査をしてもらい診断を受けてから腰の治療がスタートします

保険会社が違うとはいえ、保険を二重に請求するということは出来ません
ですから、事情を保険会社に説明のうえ対処をして頂ければと思います

お気をつけ下さいconfident

船橋 交通事故治療 あきやま整骨院



投稿者 あきやま整骨院

カレンダー

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30