Staffブログ

2015年1月30日 金曜日

交通事故治療は症状に応じて 電気治療と手技

交通事故による症状
それは事故の大きさや患者さんの元々持っている資質(筋力がしっかりしているか、精神的な影響、既往歴)
などにより多種多様です

辛いひどい痛みなのか
激しい痛みではなく落ち着いてきているのか
痛みはないが重い感じがするのか・・・など
その日の症状に合わせて電気治療や手技を組み合わせて最適な方法で対応しています

なるべく動かさないで炎症をおさえたいのか
炎症が落ち着いてきたので動かして可動域を広げていくのかという判断をしていきます

当院では
ハイボルテージや立体動態波、超音波や高周波といった
とても治療効果が高く様々な症状に対応できる電気治療が受けられます
とりあえず電気、ただ電気をやる。とは差が出ます

一般的に流通している低周波治療器
これは低い周波数だから低周波と呼ばれます
皮膚抵抗を多く受けてしまい体内には数ミリしか到達しません
したがって表面の皮膚や脂肪層しか届かず肝心な深層の筋肉まで到達せず
電気をかけてもらったが何も変わらなかった・・・ということが起こるのです

当院でも以前、実は使っていました
それは前に勤めていた整形外科でも使用していたから・・・
そんな理由でした。すみませんcrying
それが自分で治療するようになり治療効果を追求するうちに必要がなくなり
まだリースが残っているのに処分しました(あーもったいない)

それぐらい治療効果に差がありました
もったいないのは当然ですが、あまり効果がないのに患者さんにそれを提供する事に
耐えられなくなったという方が正しいですね・・・

というわけで
症状にあった治療を選択する
それが大事です

船橋三咲あきやま整骨院

投稿者 あきやま整骨院

カレンダー

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30