交通事故に遭ってしまったら

2012年12月 8日 土曜日

交通事故に遭って・・・損害保険会社とのコミュニケーション

交通事故に遭ってしまい
問題になってくるのが
損害賠償や示談など
法律的な問題があります

相手方の加害者が
任意保険に加入している場合は
その担当者が示談交渉の相手になります

担当者は
交通事故の損害賠償について
豊富な知識と経験を持ち
そのデータにそって
賠償額を提示してきます

被害者の方が納得出来る
提示額でしたら
示談は成立となります

しかしながら
実際は納得出来る金額を
最初から提示してくれるとは
限らないようです

というのも
保険会社も営利企業ですので
自分の会社の損失が出るような提示額は
なるべく抑えたいと考えるのは
自然な成り行きといえるかもしれませんね・・・

提示額に納得できない
よく分からないという場合は
担当者と話し合いを持つ事が大事です

ですが
相手は交渉のプロ
被害者は素人なので

なかなか自分の要求を伝えられない
言われるがままに聞いてしまう
という事態がよくあります

・後遺障害の認定を受けたい
・症状固定と言われて困った
・損害賠償の請求について知りたい

などどう対処すれば良いのか分からない場合
精神的に辛い思いをするならば
行政書士や弁護士に一度相談するのも
一つの手立てだと思います

当院は
むち打ち治療協会を通じて
交通事故に精通した専門家を
ご紹介する事も可能です

また治療をしていく中で
不安に思う事
疑問に思う事は
どんどんスタッフに質問して下さい
体のケアだけでなく
心のケアもとても重要だと考えておりますconfident

船橋 交通事故治療センター 
むち打ち治療専門院 あきやま整骨院




投稿者 あきやま整骨院