Staffブログ

2012年6月27日 水曜日

脳脊髄液減少症 予防法

今回も脳脊髄液減少症についてです

主な原因

転倒事故
・尻もち
・転んで頭を打った

スポーツ外傷
・ボールが頭に当たった
・接触プレー

交通事故
・追突事故
・接触事故

その他
・楽器演奏

以上の様な発症の原因と思われる
事故が起きた場合は
①水分を多めに摂る事
②横になり安静にする
事が有効だと言われています

出来れば二週間程度
安静にしている

一日2リットル以上の水を飲み安静にする
食事やトイレ、入浴など必要な事以外は
横になる事で髄液の漏れを最小限にとどめ
漏れている部分が自然にふさがる事が
期待できるというのです

ただ症状が軽くなっても
激しい運動や重い物を持つ事は
控えないと再発の恐れがあります



・・・安静にするといっても
実際、学校や仕事等
社会生活を過ごす中では
二週間の安静は結構な負担です

医療機関
周囲の理解、協力がないと
かなり難しいですね・・・

尚、起立性頭痛などが消えなかった場合は
脳MRI検査などを受けられる事を
お勧め致します


・・・つづくconfident


投稿者 あきやま整骨院

カレンダー

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30